商品部 メニュー開発グループ

2007年 新卒入社 木島 綾

新しいモノを、創造する醍醐味。
「おいしい!」の笑顔を、私の手で。

グランドメニュー&フェアメニューのドリンクを開発。

現在、メニュー開発グループの一員として、ドリンクメニューの開発を担当しています。メニュー開発の軸は大きく2つ。1つは年に2回の『グランドメニュー(定番メニュー)』の開発。もう1つは毎月に近いペースで打ち出していく『フェアメニュー(期間限定メニュー)』の開発です。よりウェイトが大きいのは、旬の食材を取り入れたフェアメニューの開発ですね。ドリンク担当の私の場合、夏のフェアなら、スイカやキウイを使ったフレッシュなサワーやソフトドリンクを。秋のフェアなら、お芋の羊羹がトッピングされた、遊び心のあるドリンクを。定番の味を踏襲するのではなく「全く新しい食材の組み合わせを実現できないかな?」「過去の人気メニューを、もっとブラッシュアップできないかな?」とアイデアを捻っています。街中でも常にアンテナを張り巡らせ、コンビニやカフェのメニューなどをリサーチし、様々な情報を自分の中にインプットしているんですよ。

大きな手応えを実感! 『メロンコッタ』開発ストーリー。

フェアメニューを開発する際に、私が最も意識しているのは「去年のメニューを超えること」。例えば、毎年のように開催される『北海道フェア』の人気メニューのひとつに『メロンミルク』というものがあります。楽しみにしていらっしゃるお客様も多いので、外すことはできない。でも、そのまま出すのはつまらない。プラスαの工夫を模索し続けて、ある時、「パンナコッタと組み合わせてみたらどうだろう?」と思いついたのです。まずは仕入れ担当に相談し、メーカーさんを紹介してもらい、甘みや喉ごしにこだわったパンナコッタを開発するところからスタート。試作を重ね、チームのみんなにも試飲してもらいながら、イメージ通りの味を追求していきました。社長試食、営業プレゼンを経て、これまでになかった新メニュー『メロンコッタ』を生み出すことができた時の嬉しさときたら! 新しい味を生み出していくために、もっともっと感性に磨きをかけていきたいですね。
(部署・役職は2018年1月現在です)