調理長

2012年 新卒入社 大友 祐樹

調理のことも、調理以外のことも。
幅広く熟知した『調理長』になりたい。

調理場を切り盛りしながら、幅広い視野を養う。

調理長は、いわば調理場の『司令塔』。自ら包丁を握る一方で、食材の仕入れ、スタッフ管理、調理場全体のマネジメントまで、幅広い仕事を任されています。駆け出しの頃の自分は、自分の技術を磨くことや調理場を切り盛りしていくことで頭がいっぱいでした。でも、キャリアを重ねるにつれ「調理長の仕事は、それだけじゃないな」と感じるようになってきて。最近では、積極的にホールに出て、お客様やホールスタッフたちとコミュニケーションを交わすよう心掛けています。調理場だけではなく、店舗全体を意識するようになったことで、視野は大きく広がりました。例えば、たくさんのお客様が入ってくださったことで売上が上がった日と、ホールと調理場の動きがうまくかみ合ったことで売上が上がった日。数字としての結果は同じでも、圧倒的に嬉しいのは後者なんです。それに気づいてからというもの、これまでとはひと味違うモチベーションが湧いてくるようになりました。

もっともっと成長できる!そんな手応えを実感中。

お客様から「おいしい!」という笑顔をいただけることが調理長にとって何よりの喜びですが、今ではそれにプラスして、キャストたちの成長を見ることが楽しみのひとつになりました。最初は、技術も知識もおぼつかない様子だったキャストが、僕の指導を通じて、調理場になくてはならない人財へと成長を遂げていく。そんな過程を目にするたびに、なんともいえない嬉しさがこみ上げてきます。調理場から店舗全体へと意識が拡大したことで、人、モノ、金を動かす経営的なマインドが養われてきたのかもしれませんね。ただ、不思議なことに、成長を実感する一方で「まだまだ、自分はスキルが足りていないな」と痛感する場面も増えてきた気がするんです。今まで見えていなかったものが見えてきたら、今までの仕事レベルでは満足できなくなってきたというか…。僕のキャリアは、まだまだこれから。様々なスキルを貪欲に吸収し、さらなる成長につなげていきたいですね。
(部署・役職は2018年1月現在です)