調理マネージャー

2005年 中途入社 鈴木 伸二

調理のプロとして培った
スキルと視野を、ビジネスに活かす。

調理に軸足を置きながら、多彩なミッションを担う。

調理のプロとしての視点から、事業部長とビジョンを共有し、担当する複数店舗の売上アップや環境改善などに取り組んでいくのが調理マネージャーのミッションです。仕事内容は多種多彩。例えば、事業部としてめざすべき数字を達成するために、店舗ごとの個性を活かした新メニューを生み出す。調理長たちにアドバイスや指導を行うことで彼らのスキルアップを実現する。時には、課題を持つ店舗に出向き、調理場内での技術指導、食材管理や発注業務の見直しなど、様々な手段を講じて店舗の立て直しを実現することも。調理場に軸足を置きつつも、枠にとらわれず多彩な仕事を生み出して、店舗の活性化につなげていくというイメージです。この仕事にマニュアルはありません。チムニーの社員にとって大切なのは、柔軟なマインドと旺盛な挑戦意欲。次から次へと新たなチャレンジを重ね、自分たちならではの成功事例を生み出していくのが私たちのスタイルなのです。

経営的なマインドを備えた、調理長たちを育てたい。

10人の調理マネージャーがいれば、10通りの仕事スタイルがある。私の場合は、店舗の主役である店長や調理長が結果を出せるよう、彼らをフォローしていくことが何より重要だと考えています。特に意識しているのは、店舗全体に目を配り、ホールと連携しながら調理場を動かしていくことができる調理長を育てること。調理場にこもるのではなく、積極的にホールに出てお客様と接することで、調理長たちの視野は大きく広がり、モチベーションも高まっていくのです。若手調理長たちの顔つきが変わっていき、イキイキした姿で仕事に取り組む姿を見るたびに「またひとつ成長したな」と嬉しくなりますね。自分の動きが複数店舗の売上に影響するというダイナミックさも、この仕事の醍醐味のひとつ。責任は重大ですが、調理という専門スキルを活かしながら事業部の数字に貢献し、多くのお客様の笑顔を生み出していけるのは、調理マネージャーならではのやりがいですね。
(部署・役職は2018年1月現在です)