育成方針について

世界中のお客様から、「ありがとう」と言われるために

私たちは「ありがとう」と言われることを仕事の目的としています。
そのための手段は自由ですが、大切なことは「ありがとう」と言われるための発想や行動を実際にすることです。
その発想や行動の助けになるような考え方や技術習得の手助けを行います。

ダイバーシティによる人財活性化

  • 外国人への教育取組当社ではキャストパートナーの採用は店舗裁量で行っておりますが、専門部門のABCアカデミーにて理念やオペレーションの教育を行っております。現在では、この仕組みを卒業して店舗で勤務している外国人キャストパートナーに、本講義の指導役としても活躍してもらい、教育循環・継承を行っております。
  • 子育て支援への取組当社は子育てをする社員が離職を選択するのではなく、活躍し続けていただくために、法令で定められた基準を超えて「小学校就学始期」まで時短勤務を可能としております。また育休産休からの復帰後は、育児の状況に応じて柔軟な対応をとっております。今後も人財活性に繋がるかを見定めながら、法令にとどまらない各制度の拡充と運用に努め続けます。
  • 限定社員制度当社は多様な働き方に対応する1つの手段として、2015年10月より完全週休3日制、引越なしの「限定社員制度」を導入いたしました。「正社員」との相互異動も可能とし、社員の育児や介護などの個別状況にも対応し、人財活用に繋げます。今後は利用状況をみながら、更なる人財活用が可能となる内容に醸成してまいります。
  • キャストパートナーの社員登用制度当社は現在店舗で活躍しているキャストパートナーの方を積極的に社員登用しています。2014年に制度化され、毎年40名前後のキャストパートナーが社員として活躍しております。
  • 障がいをお持ちの方との協働当社は特性に応じた人財活用として、積極的に障がいをお持ちの方に場を提供し、多くの方が活躍しています。今後も事業の拡大に応じて積極的に推進してまいります。
  • 女性活躍推進への行動計画当社は「人」を事業運営における最重要項目の1つと位置づけ、ワーク・ライフ・バランスの充実をはかることにより、男女とも一層やりがいをもって活躍できる職場環境を形成し、社会に更なる貢献が出来る会社となることを目指します。